教員採用試験の情報と対策 NSK@教採ネット
教員採用試験TOP論文対策>東京論文添削講座
東京都教員採用試験 社会人枠・教職経験者枠 対策

◆◇東京都(社会人枠・教職経験者枠)論文添削特別講座◇◆




東京都(社会人枠・教職経験者枠)対応のテーマで実戦的対策

2018年度(今年夏実施試験) 東京都教員試験めざして「受かる論文」が書けるために。

社会人枠・教職経験者枠 専用コース

〔添削の質を維持するため、毎月の受付を30名に限定させていただきます〕

東京都は論文の出題傾向が大きく変わりました!

●添削と内容

  東京都(社会人枠・教職経験者枠)に合わせたテーマ・字数で論文添削を行います。
添削担当者は元採用担当者。教採の論文の評価基準は普通の作文の基準とは違いますので,その基準にて添削を行います。
 「教育論文書き方のポイント」「合格論文・不合格論文の実例」付き

※返信までの時間
 通常の時期は答案が届いてから、10日前後で返信(投函)させていただきます。直前の時期など、答案提出が極端に集中するときは、返信が遅れることもありますので、計画的な学習をお勧めします。

◎短期間添削コースも新設
答案が届いてから、5営業日以内に添削を返信するコースも新設しました。メールもしくはFAXに限ります。


   
 ◆内容◆基本論文作成(800字) 2回
予想テーマによる論文添削 8回
前年度出題テーマによる論文作成

◆受講料◆
 
通常コース
5日添削コース
4月生
18,500円
26,000円
5月生〜
19,800円
27,500円

 ※添削後の書き直しにつきまして、再添削をご希望の場合は、
 2回分で3000円で承ります。メール等でお問い合わせください。
       
 参考・2017年度(平成28年実施)内容
◎小学校全科及び小学校全科(理科コース)
(特例選考)
  次の記述を読み、下の問題について、あなたのこれまでの教員経験から得た成果や課題(社会人としての経験)を踏まえて、論述しなさい。

 あなたは、第5学年の学級担任である。年度初めの学年会で、学年主任から、「昨年度、児童対象の学校評価アンケートの『学校生活の中で、自信をもって取り組めることがあった。』の項目で、この学年の児童は『あてはまらない』という回答が多くありました。そこで、今年度の学年経営の方針は『子供たち一人一人が成長を実感できるようにする。』にしたいと思います。」と言われた。そして、「この方針に基づいて、自分の学級経営の重点をどこに置き、どのように取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と指導を受けた。
【問題】
 学年主任からの指導を受けて、あなたなら学級担任としてどのように学級経営を行っていくか、「学習指導」と「生活指導」について具体的な方策を一つずつ挙げ、それを取り上げた理由とともに、それぞれ10行(350字)程度で述べ、まとめなどを含めて全体で30行(1050字)以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること。
◎小学校全科以外の校種等・教科
(特例選考)
 次のA、Bのうちから1題を選択して、論述しなさい。また、解答用紙には、選択した問題の記号を○印で囲みなさい。

 次の記述を読み、下の問題について、あなたのこれまでの教員経験から得た成果や課題(社会人としての経験)を踏まえて、論述しなさい。
 年度初めの職員合議で、教務主任から、「昨年度、授業評価アンケートの『授業は内容が分かりやすく、充実したものが多い。』の項目で『あてはまらない』という回答が多くありました。そこで、本年度、各教科の指導において、『個々の子供に応じたきめ細かい指導を充実させ、学習内容の定着を図る。』ことを重点事項にしてほしいと思います。」と報告があった。
 職員会議終了後、あなたは、副校長から、「先ほどの重点事項に基づいて、指導の重点をどこに置き、どのように取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と指導を受けた。

【問題】
 副校長からの指導を受けて、あなたならどのように学習指導に取り組んでいくか、志望する校種と教科等に即して、具体的な方策を二つ挙げ、それを取り上げた理由とともに、それぞれ10行(350字)程度で述べ、まとめなどを含めて全体で30行(1050字)以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること。

 次の記述を読み、下の問題について、あなたのこれまでの教具経験から得た成果や課題(社会人としての経験)を踏まえて、論述しなさい。
 あなたは、生活指導・保健指導部に所属している。年度初めの生活指導・保健指導部会で、生活指導主任から、「昨年度、地域住民対象の学校評価アンケートの『学校は、集団や社会の一員として、よりよい生活や人間関係を築く指導を行っている。』の項目で『あてはまらない』という回答が多くありました。そこで、生活指導・保健指導部として、本年度、『子供たちに、他者を思いやる心や社会貢献の精神を育む。』ことを重点事項にしたいと思います。」という話があった。
 部会終了後、あなたは、生活指導主任から、「先ほどの重点事項に基づいて、生活指導・保健指導部の一員として、指導の重点をどこに置き、どのように取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と指導を受けた。

【問題】
 生活指導主任からの指導を受けて、あなたならどのように児童・生徒の指導に取り組んでいくか、志望する校種に即して、具体的な方策を二つ挙げ、それを取り上げた理由とともに、それぞれ10行(350字)程度で述べ、まとめなどを含めて全体で30行(1050字)以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること
   

  ■添削実施方法■
 

  まず下の各項目に必要事項を入力し送信するかまたはFAXでお申し込み下さい。

  (お名前・住所・Eメールアドレス・TEL等をお書き下さい)

  申し込まれた方に受講料の振り込み用紙をお送りいたします。

  添削問題は原則的にはメールまたは郵送・FAXでお送りします。

  解答をメールまたは郵送・FAXでお送り頂きます。

  メールまたは郵送・FAXで添削結果とアドバイス,今後の勉強の指針等をお知らせします。
通常コースは10日〜2週間程度、5日コースは5日(休日を除く)程で添削をご返却します 

教材として「教育論文書き方のポイント」「合格論文・不合格論文の実例」もお送りします



◆申し込み  (必ずチェックボックスにチェックしたうえで『カートに入れる』をクリックして下さい)
 内容・料金 添削・コースチェック
東京都社会人特別選考
通常コース 18500円(税込)

  
東京都社会人特別選考
5日添削コース 26000円(税込)